月別アーカイブ:2016年05月

2016年05月の記事一覧。ダウ理論とフィボナッチとローソク足を使ったデイトレードを行っております

トレード勉強会
応援クリックお願い致します。 こんにちは~しんたろうです。 久しぶりにブログを更新します。 癒やしを求めて青森県に遊びに行っておりました~ パソコンばかりと向き合っているとたまには大自然に抱かれたいと思ってしまうものです。 しかし現実は大自然の中で勉強会参加者のSkype添削やチャート指導に明け暮れておりましたw 何しに青森県まで行ったのか全くわかりません。とりあえずネ...

記事を読む

トレード勉強会
応援クリックお願い致します。 こんにちは~しんたろうです。 久しぶりにブログを更新します。 サボっていたわけでは無いんですよ^^; 毎日大量に来るチャート添削とトレードとパソコン修理?に追われていつの間にか5月も半分以上すぎてしまいました。 一生懸命頑張っているとこんなにも時間が立つのが早く感じるんですね←言い訳 そんなこんなで今回もマニアックな動画を公開していくわけで...

記事を読む

トレード勉強会
応援クリックお願い致します。 こんにちは~しんたろうです。 2016年4月30日後半戦動画を公開します。 前回に引き続き波引きの細かいポイントをいくつか解説させていただきました。 波引きには練習が必要です。 ダウ理論、エリオット波動論を組み合わせて最終的には波を引いていくわけですが、規模がバラバラだったり基本が出来ていないと波として引くことも出来なければ次の波の予想も...

記事を読む

トレード勉強会
応援クリックお願い致します。 こんにちは~しんたろうです。 今回も悩んでいる方向けのマニアック動画を公開させていただきますw 収録日は2016年4月30日前半戦です。 この動画の内容は波引き練習をしている方向けに基準となる箇所を幾つか解説しております。 動画を見ながらブログも読んで頂きたいのですが、まず下のチャートを御覧ください。 とあるNZDUSDの週足です。 下矢...

記事を読む

トレード勉強会
応援クリックお願い致します。 こんにちは~しんたろうです。 今回もマニアックな勉強会動画を公開しますw 2016年4月25日日曜日に行われた勉強会動画です。 勉強会メンバーで卒業試験に移行する方も出てきました。卒業試験は今まで得た知識もフル活用し卒業レベルに到達した人だけが得られる称号みたいなものです。もちろん現金でトレードし卒業を目指していただくのですが、これが一筋縄ではい...

記事を読む

トレード勉強会
応援クリックお願い致します。 こんにちは~しんたろうです。 2016年が始まって五ヶ月目です。 すでにGWに入っている方もいらっしゃるのではないでしょうか? 私の場合、常にGWじゃないの?と思われがちですが全くの逆で毎日チャートの添削とトレード、ブログ更新に新しいビジネスの立ち上げなどやることが多すぎて毎日悲鳴を上げております。 しかし全く後悔はしておりません。むしろ使命感を持...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

初心者向けFX勉強会|波引きの目的を今一度考えよう 【048動画】

FXデイトレード



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
応援クリックお願い致します。



こんにちは~しんたろうです。



久しぶりにブログを更新します。

癒やしを求めて青森県に遊びに行っておりました~

パソコンばかりと向き合っているとたまには大自然に抱かれたいと思ってしまうものです。

しかし現実は大自然の中で勉強会参加者のSkype添削やチャート指導に明け暮れておりましたw

何しに青森県まで行ったのか全くわかりません。とりあえずネットとパソコンがあればどこでも勉強会が開けるということがはっきりわかったくらいですねw

私には休日というものは無いという事がはっきりわかりました(泣)

でも本当に綺麗なところでしたよ~さすがは青森県です。

奥入瀬渓流

写真は奥入瀬渓流ですが、写っていませんけど周りは観光客とカメラ小僧だらけですw

そんな中一人パソコンを見つめる青年がいるわけですけど・・・大自然の中でチャート開いているやつは日本中探しても私だけですね♪

そんなわけでリフレッシュしてきた?わけですが、今回もマニアックな勉強会動画を公開させていただきますm(_ _)m



収録日は2016年5月9日の勉強会です。今回も参加者のチャート添削を行っておりますが、一つ興味深いことを発見いたしました。

勉強会に参加される方々はもちろんやる気満々で意気揚々と参加される方たちばかりです。実際に金が稼げるとなれば眼の色が変わりますよね。しかしどうにかして勝って勝って勝ちまくってやろうとする反面、絶対に負けたくないという気持ちから相場研究者になってしまっている方も大勢いらっしゃいます。

確かに私も負けるのは嫌です。しかしFXに絶対がない以上、ルール通りにエントリーしても負けるときは負けます。本当にうまいトレードというものは損失をコントロールし最小に収めることができることを表しますが、私の考えから言うとしっかり負けたほうがいい結果を残せるのではないかと思うのです。



損切り貧乏という言葉があります。

多くのトレーダーが損切り貧乏です。損切りに対して明確な理由がなく損切りをすることを表しますが、その背景にはメンタルが深く関わっております。負けたくないという気持ちと証拠金が減っていく恐怖、基本がわかっていないことからの無神経さが重なりどうでもいい相場で金が稼ぎたいという気持ちだけが先行し負けなくてもいい負けを繰り返すのです。

結果、待っているのは地獄です。

この勉強会では金を稼ぐことを主体としております。

しかしそれはあくまでも基本がわかっていての話です。

「聖杯がないんだから何を行ってもいいんでしょ~?」ではありません。ちゃんとルールは存在しております。しかし聖杯では無いのです。

これを理解するのは非常に難しいですし一筋縄では行きません。

なのでしんたろうのFX勉強会では基本に忠実に、あえて小細工無しで真正面からぶつかっております。

今回の動画も迷えるトレーダーからの質問が沢山出てきますが、よく見ていただければそんなに難しい話をしてはいません。考えていただければ昔から私が繰り返し行っていることが数多く出てきます。

それでも未だに理解できずに難しく相場を考えてしまう方が大多数です。



まずはチャートを単純化し必要な情報だけに厳選してください。

情報は多いほうが有利ではありません。必要最低限に絞らなくては買いと売りと休むという3つの手法が実行できないのです。

頭のなかを空っぽにして白紙の状態から動画を見てみてください。一切の常識や固定概念は不要です。ただひたすら金儲けを考えて行動していきましょう。



それでは今回もマニアックな奴らの勉強会動画ですが、大自然の中でもブレずにパソコンを開ける人だけご覧になってくださいw

ではまた~







にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
ボタンをクリックすると動画が表示されます



スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

初心者向けFXデイトレ勉強会|エリオット波動論 修正波の規模について 【047動画】

エリオット波動論



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
応援クリックお願い致します。



こんにちは~しんたろうです。



久しぶりにブログを更新します。

サボっていたわけでは無いんですよ^^;

毎日大量に来るチャート添削とトレードとパソコン修理?に追われていつの間にか5月も半分以上すぎてしまいました。

一生懸命頑張っているとこんなにも時間が立つのが早く感じるんですね←言い訳

そんなこんなで今回もマニアックな動画を公開していくわけですが、今回はエリオット波動論 修正波について解説していこうと思っております。

といっても本家しんたろうFX勉強会にもたくさん修正波のことは記載してあるので、ここで改めて書かなくてもいいかな~と思ったのですが修正波の規模について記載しておこうかな~と思います。



修正波は基本的に推進波2波や4波、修正波B波、もしくはそれ自体に含まれる複雑な動きをする波のことです。

どうして複雑になるのか?それは利食いや損切り、逆張りやナンピンなどいろいろな人達が思い思いでトレードしていると言えば想像できますでしょうか?

要はいろんな人達の集合体というふうに取ることも出来ます。



エリオット波動論を提唱したラルフ・ネルソン・エリオット氏は何故波が五波+三波になるのか言及しておりません。そうなるとしか言えないと説明しているようですw

修正波は大きく見ると必ず三波になります。そこにどういった意図が隠されているのか考えていると夜も眠れずいつの間にかあさになっていることもしばしばですが、この三波になるという性質から基準を決め波の規模を決めていくことが可能になるわけです。

まずは下のチャートを御覧ください。

GBPJPYH4

こちらのチャートはとあるポンド円の四時間足チャートです。大変綺麗に波が見えておりますね~

ここで注目するべき箇所は修正波の箇所です。さて皆様にはどこが修正波かわかりますか?

簡単すぎますかね?マニアックな動画をよくご覧になっている方には朝飯前ですよね?

答えは以下のチャートです。

エリオット波動 修正波

この丸で囲った部分が修正波なんですが、本当はもう一箇所修正波があります。それはこの波全部ですw

修正波

まず安易に相場を見てはいけません。必ず左側の情報が必要になります。

左側の波の何処かに高値安値を示す山や谷がありましたか?

第一波の考え方はどこかの注目する高値安値を壊し更新してこそエリオット波動論 第一波として呼べる波となります。

五波あるから推進波~♪ではないのです。波の中に波がある場合、要注意だということです。

もしかしたら私がいるところは修正波の中なのでは??と注意深く相場を見ていかないと事故どころでは済まなくなりますよ。



確かに私が示した丸で囲った修正波の規模は似ております。この相場の中ではおそらく2波と4波であると言えます。しかし情報はそれだけではないのです。同じ波の規模だからこそ余計に怪しいのです。もしかしたら大きな波の中の修正波なのではないか?そういう風に考えていただきたいのです。



左側の波の中に現在は飲まれていてしかもどこの高値も安値も更新せずに副次的な波を描き、しかもその2波と4波が同じくらいになる・・・・・これから何が起きるのか読者様には想像できますでしょうか?

疑うべきは自分の頭のなかでチャートは疑ってはいけません。

私が何故動画の中であれほど規模を整えろと言っているのか考えてみてください。修正波の規模を整えて相場を見ろと何回も説明している意味を考えてみてください。

全ては次に何が起きるのか戦略を立て金を儲けるためですよ。チャンスが来ていると分かればしっかり取りに行くでしょ?全てはそのためなんです。



波引きで規模が整えられない方は是非動画を見て予習復習をしてください。波引きはそう簡単にマスターできるものではありませんが、規模を整えて仲間分けをするくらいであれば幼稚園生でも出来ますよ。しかし現実はその幼稚園生にも負けている方が大勢いらっしゃるんですけどw

波引きはダウ理論とエリオット波動論をミックスして考えていかなくてはいけません。どっちか片方だけでは説明できませんしトレードも出来ません。しっかり勉強して明日からのトレードに活かしてください。



それでは今回もマニアックな野郎たちの添削動画ですが気になる方だけご覧になってください。

ではまた~m(_ _)m





にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
ボタンをクリックすると動画が表示されます



 カテゴリ
 タグ
None

初心者向けFXデイトレ勉強会|波引きの一つの基準を決めましょう 後編 【046動画】

ローソク足トレードロジック



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
応援クリックお願い致します。



こんにちは~しんたろうです。



2016年4月30日後半戦動画を公開します。

前回に引き続き波引きの細かいポイントをいくつか解説させていただきました。



波引きには練習が必要です。

ダウ理論、エリオット波動論を組み合わせて最終的には波を引いていくわけですが、規模がバラバラだったり基本が出来ていないと波として引くことも出来なければ次の波の予想も出来なくなります。

しかもこれだけではありません。波が引けなければ水平線やゾーン、ローソク足を使ったトレードなど、これから習得いただく基本を理解することは困難になります。

しんたろうのFX勉強会では基本を徹底的に覚えていただきます。小細工や小手先の技だけで勝ち続けることは出来ません。

どんなスポーツでも学習でも検証と実践、練習と反省は必ず必要になります。これを嫌がっているうちはまだまだ自分に甘えが出ている証拠ですよ。私の勉強会動画を見ていただければわかると思いますが私はそう簡単に答えを差し上げませんw



もちろん私も悪魔ではありません♫ ちゃんとヒントは差し上げます。

しかしそこから答えを探しだすのは自分自身です。調べて検証して実践する・・・これを何度も繰り返し最終的にローソク足トレードロジックを使ってしっかり稼いでいくのです。

サインツールや特殊なインディケーターなどですぐにでも稼げると思ったら大間違いですし、そもそもそんなに甘い世界ではありませんからね~



今回の動画の中でもいくつかヒントを出させていただきました。

例えば波引きに関する規模の話です。

規模を整えろ!としんたろうは何度も解説していると思います。

何でこんなにしつこく言うのか?それは波を理解する上でどうしても欠かせないエリオット波動論が絡んでくるからです。推進波は基本五波で修正波は三波になります。ということは波を引くにあたって五波だから一つの波と描き三波になるから波として描くことが必要になります。

しかしトレンドの定義に従えば波を引けば五波も三波も一つの波ではなく複数の波としてカウントすることになり相場が最終局面に近づいていても気付くことすら出来ません。

なのでまずは基準となる波を決めそれに従って規模を整えていくのです。

修正波が三波になるのなら、そこを波として描き、同じ規模の波を探しそこと比べてオルタネーションの法則を使って推進波を探っていくのです。更にそこを波としてカウントして頂き長期足と比較して現在地をさらに絞っていくのです。波引きに関して言えば答えはいくつかのパターンに別れるように感じると思いますが単純で基本に忠実に波引きを行うだけです。



中にはインディケーターが自動的に波を引くものもあります。

しかしそれでは精度に問題がありますしインディケーター任せにすると結局インディケーターにエントリーポイントを求めるようになってしまい、また聖杯探しになってしまいます。

一見すると面倒で遠回りなものほど近道なのかもしれません。しんたろうのFX勉強会では、面倒で遠回りだけど確実な道を選びます。



それでは今回もマニアック動画ですが、波引きに自信がない方はご覧になってください。

ではまた~







にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
ボタンをクリックすると動画が表示されます



 カテゴリ
 タグ
None

初心者向けFXデイトレ勉強会|波引きの一つの基準を決めましょう 前編【045動画】

FXデイトレード



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
応援クリックお願い致します。



こんにちは~しんたろうです。



今回も悩んでいる方向けのマニアック動画を公開させていただきますw

収録日は2016年4月30日前半戦です。

この動画の内容は波引き練習をしている方向けに基準となる箇所を幾つか解説しております。

動画を見ながらブログも読んで頂きたいのですが、まず下のチャートを御覧ください。

NZDUSDWeekly

とあるNZDUSDの週足です。

下矢印のように波を描いた場合、読者様は右側をどのように描くでしょうか?

・・・・・・・難しいですか?どうですか?簡単すぎて笑いが出そうですか?w

トレンドの定義で波を引くと高値安値を超えて初めて波としてカウントできます。

となると2つの考え方が出来ると思います。

NZDUSDWeekly01

このように引けると思いますが如何だったでしょうか?

・・・・・納得できん!!という人もいると思います。

しんたろうさん!これではダメなんですか~?なんて声が聞こえそうです。

NZDUSDWeekly02

いろいろな考え方ができそうですね~



まず一枚目の考え方は波の規模を整えた場合の波引きです。

それに対して二枚目の画像の波引きは高値を更新したから波としてカウントし小波を作りました!という箇所ですね。

この場合は一枚目が正しいと言えます。

何故かと言うと二枚目の場合、右側の小波の規模と波として描けない箇所の波の規模が同等であると思われます。ということは一つの波の中の副次的な波である可能性が高く、結果からすると下落している一番右側を見ると直近の安値を意識せずに下落しております。

動画の中では、今回の添付した画像と同じように波引きができそうですが、動画内で解説している箇所と比較して頂くと明らかに大きさが違います。

ここに波引きの面白さと難しさがあるんですよ~♪ものすごく単純なものほど一番難しいのですね。



なので基準となる波を選ぶところから波引きが始まるのですが、ここで一度おさらいをしておきましょう。

波引きの基準となる波ですが・・・・

1.エリオット波動論 第一波

2.修正波(A-B-C波)

3.小波すら見えない波

この3つが基準となる波です。言い換えれば物差しのような波ですね。

実際にエリオット波動論 第一波は今後の相場を考える上で非常に重要な波ですし、修正波は必ず3波になることが分かっておりますので比較するのに使えます。小波すら見えない箇所は相場の人達の意識が集中している箇所とも言えますので、相場を考える上で重要な波です。



このように基本が分かってくればいろいろな戦略が練れるのと同時に相場の人達がどのように考えているのか慣れてくれば手に取るように分かってくると思います。

そのためには気が狂いそうなほど難しい波引きに挑戦していただきますが慣れてくれば波引きせずともチャートが波にしか見えなくなります。そうなってくると私と同じである意味病気ですねw



この話題はわかりにくいこともあって今後の勉強会で何回か解説していこうと思っております。

ブログを見ただけで理解できる人は少ないと思いますので何回も動画を見て頂き確認して頂ければと思います。

しんたろうはカミカミマンなので皆様に多大なご迷惑をお掛けしていることは重々承知です。何とか分かって頂くまで同じような内容の動画を公開させていただきますが、もう少々お付き合いくださいm(__)m



それでは今回もマニアック動画をお暇な方だけご覧になってください。

ではまた~





にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
ボタンをクリックすると動画が表示されます



 カテゴリ
 タグ
None

初心者向けFXデイトレ勉強会|ゾーンを引く位置と水平線の強弱 【044動画】

FX勉強会



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
応援クリックお願い致します。



こんにちは~しんたろうです。



今回もマニアックな勉強会動画を公開しますw

2016年4月25日日曜日に行われた勉強会動画です。



勉強会メンバーで卒業試験に移行する方も出てきました。卒業試験は今まで得た知識もフル活用し卒業レベルに到達した人だけが得られる称号みたいなものです。もちろん現金でトレードし卒業を目指していただくのですが、これが一筋縄ではいかない厳しいものです。

勉強会始まってから未だに誰も卒業出来ていないという超難易度が高い卒業試験です。

私も昔同じ試験を行いましたがクリアするまでに結構な時間がかかってしまいました。最短三ヶ月でクリアできる試験なのですがクリアできるのは相場次第ということもあり中々到達できない人もいらっしゃいます。

しかし卒業試験で決めた一日の目標PIPSも取れない方が言い訳をする姿は情けないの一言です。

到達する前にリタイアする方もいらっしゃいますし乗り越えなくてはいけない壁にぶつかってしまい登り切れずに幽霊部員になるかたもいらっしゃいますw

今までの自分と卒業したいのであれば死ぬ気で頑張って頂き理想の自分を手に入れてください。



さて勉強会の内容をおさらいしましょう。


水平線やゾーンの引き方で注意点があります。

まずは下のチャートを御覧ください。

EURJPY

こちらは2016年05月03日頃のユーロ円四時間足チャートです。

ゾーンを引く際のポイントとしてローソク足の勢力を考えて引いていただくのですが、直近の高値安値を更新したかどうかも必要になります。このチャートの場合、直近の高値を更新していない安値にゾーンを引いているのでゾーンに買い勢力がいるのかは怪しいポイントとなります。

反発して注目している高値を更新できれば「いるんだねw」ということが分かるのですが、何も決着が付いていない時のゾーンはあまり意味が無いゾーンとなってしまうのです。

ユーロ円

ヒゲのところにゾーンを引く人もいらっしゃいます。ただこれでは買い勢力と売り勢力の争いが見えない箇所でもあります。

安易に考えるのは危険ですよ~ちゃんと勢力がどこに潜んでいるのか考えてゾーンを使ってくださいね。

水平線も一緒で高値安値を注目しトレンドが継続更新付近にいる水平線に対して引いて頂きたいのですが、考え方は相場の人達がどこに注目していたのかを考えて水平線を引くことがポイントとなります。

FXゾーン

何故そこにゾーンを引いた???という方もいらっしゃいますw

私から質問されてちゃんと返答出来るようなゾーンを引いていただくのも勉強の一つです。

ゾーンを引こうと思えばどこでも引けるのですが、ちゃんと買いと売りの戦いが見えるところにゾーンを引いてください。



全ての理論はどんな箇所でもトレードして金を儲けるために必要!ではありません。

難しい箇所をいち早く見つけ出し回避するための理論です。どんな相場でも勝てるようになるのが理想ですが最初のうちは激甘な相場ばかり狙うのが勝ち続けるために必要な知識です。

しかし後から見れば激甘ということが分かってもリアルタイムで考えた場合はわからないのでは?と思う読者様もいらっしゃいます。ただFXの基礎やローソク足ダウ理論が分かってくれば次のローソク足の色くらいは瞬時に判断できるようになります。

激甘な相場がわかるようになるまでは反復練習が必要になりますが必ず理解できるようになりますので頑張って勉強してください。



それでは今回もマニアックな勉強会動画ですがお暇な方だけご覧になってください。

ではまた~





にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
ボタンをクリックすると動画が表示されます



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

初心者向けFXデイトレ勉強会|波の規模から得られる情報について【043動画】

FXデイトレード



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
応援クリックお願い致します。



こんにちは~しんたろうです。



2016年が始まって五ヶ月目です。


すでにGWに入っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
私の場合、常にGWじゃないの?と思われがちですが全くの逆で毎日チャートの添削とトレード、ブログ更新に新しいビジネスの立ち上げなどやることが多すぎて毎日悲鳴を上げております。

しかし全く後悔はしておりません。むしろ使命感を持って取り組めているので仕事を嫌々していた頃よりも楽しくて仕方がないのです♪時間を忘れて~とはこのことですよね。

もちろん休日も思いっきり楽しむことが出来るようになり今までと視点を変えて見ることも出来るようになりました。
今までは「明日仕事だから無茶はダメだな~」とは「明日会議だからニンニクは食べられないな~w」とか考えて行動しなくてはいけませんでしたが明日も思いっきり楽しむぞ!と考えられるので行動がかなり変わりました。

保証も何もないから不安じゃないですか?という人もいます。しかし今の時代、何が起こるか分かりません。いきなり職を失うこともあるでしょう。自分の信じた道を進むことが出来ない人もいらっしゃいます。それなら常に挑戦を望んだほうが失敗をすることもありますが大きく勝利することもあります。

なので迷っている方は飛び出すことも重要だということを理解してもらいたいのです。

もちろん向き不向きはあります。会社に入っている方を否定するつもりはありません。私が行っているFXも読者様の生活の一部の端っこあたりに力を注げればいいな~くらいに思っております。



さて今回の動画もマニアックな勉強会の一部分です。

本当はもっと長時間行っているのですが、前回公開した内容と全く同じことをしていたりしているので、削除させていただいております。日付は2016年4月24日日曜日勉強会です。

内容は様々な質問に答えておりますが中でも波引きが出来るところと出来ないところから得られる情報はどのようなものがあるのか?という内容が中心です。

どういうこと?と思いますので、まずは下のチャートを御覧ください。

ドル円日足チャート

こちらは2005年頃のドル円日足チャートです。

中央のアップトレンドになっているところを御覧ください。読者様ならどのように波を引きますか?

隣の修正波が3波に見えると思います。そこをa-b-c波として波を引くのもいいと思いますが推進波にはそのくらいの規模の波が引けません。ここからどういった情報が得られるでしょうか?

熱心な読者様はすぐ分かったかもしれませんが、この規模で波が引けないということは一つ上の時間軸の方たちが最前線に登場しているのでは?という仮説が成り立つのです。

言い換えると日足の参加者たちが週足を意識してトレードしているといってもいいかもしれません。

アップトレンドになる前の起点あたりに小波が見えると思います。しかしその規模の波はアップトレンド中に現れていないということは週足規模の参加者が相場を征服している可能性が出てくるのです。



ちなみに下のチャートが週足にしたものです。

ドル円週足

どうでしょうか?何だかしっくりくると思いませんか?

ローソク足ダウ理論でもバッチリ安値を守っておりますし、もっと全体的な相場を考えた時に週足規模の話が今度展開されるかもしれないという新たな仮説も、チャートから分かってくるのです。



チャートだけは疑うな!という言葉があります。

信用出来ないチャートを使うことは自滅を意味します。しんたろうのFX勉強会では、OANDA JAPANのMT4を採用しますが適当に選んでいるわけではありません。

今回の例もあくまでの一例です。チャートには隠されたメッセージが沢山眠っております。

これらを見つけて紐解くことも面白いと思いますので是非チャレンジしてみては如何でしょうか。



それでは今回もマニアックFX野郎たちの勉強会動画をお暇な方だけご覧になってください。

ではまた~







にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
ボタンをクリックすると動画が表示されます



 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © FX初心者向け デイトレードブログ しんたろうのFX勉強会 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。