初心者向けFXデイトレ勉強会|波引きの一つの基準を決めましょう 後編 【046動画】

  • ホーム
  • »
  • »
  • スポンサー広告
  • »
  • 初心者向けFXデイトレ勉強会|波引きの一つの基準を決めましょう 後編 【046動画】
  • ホーム
  • »
  • »
  • トレード勉強会
  • »
  • 初心者向けFXデイトレ勉強会|波引きの一つの基準を決めましょう 後編 【046動画】

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

初心者向けFXデイトレ勉強会|波引きの一つの基準を決めましょう 後編 【046動画】

ローソク足トレードロジック



にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
応援クリックお願い致します。



こんにちは~しんたろうです。



2016年4月30日後半戦動画を公開します。

前回に引き続き波引きの細かいポイントをいくつか解説させていただきました。



波引きには練習が必要です。

ダウ理論、エリオット波動論を組み合わせて最終的には波を引いていくわけですが、規模がバラバラだったり基本が出来ていないと波として引くことも出来なければ次の波の予想も出来なくなります。

しかもこれだけではありません。波が引けなければ水平線やゾーン、ローソク足を使ったトレードなど、これから習得いただく基本を理解することは困難になります。

しんたろうのFX勉強会では基本を徹底的に覚えていただきます。小細工や小手先の技だけで勝ち続けることは出来ません。

どんなスポーツでも学習でも検証と実践、練習と反省は必ず必要になります。これを嫌がっているうちはまだまだ自分に甘えが出ている証拠ですよ。私の勉強会動画を見ていただければわかると思いますが私はそう簡単に答えを差し上げませんw



もちろん私も悪魔ではありません♫ ちゃんとヒントは差し上げます。

しかしそこから答えを探しだすのは自分自身です。調べて検証して実践する・・・これを何度も繰り返し最終的にローソク足トレードロジックを使ってしっかり稼いでいくのです。

サインツールや特殊なインディケーターなどですぐにでも稼げると思ったら大間違いですし、そもそもそんなに甘い世界ではありませんからね~



今回の動画の中でもいくつかヒントを出させていただきました。

例えば波引きに関する規模の話です。

規模を整えろ!としんたろうは何度も解説していると思います。

何でこんなにしつこく言うのか?それは波を理解する上でどうしても欠かせないエリオット波動論が絡んでくるからです。推進波は基本五波で修正波は三波になります。ということは波を引くにあたって五波だから一つの波と描き三波になるから波として描くことが必要になります。

しかしトレンドの定義に従えば波を引けば五波も三波も一つの波ではなく複数の波としてカウントすることになり相場が最終局面に近づいていても気付くことすら出来ません。

なのでまずは基準となる波を決めそれに従って規模を整えていくのです。

修正波が三波になるのなら、そこを波として描き、同じ規模の波を探しそこと比べてオルタネーションの法則を使って推進波を探っていくのです。更にそこを波としてカウントして頂き長期足と比較して現在地をさらに絞っていくのです。波引きに関して言えば答えはいくつかのパターンに別れるように感じると思いますが単純で基本に忠実に波引きを行うだけです。



中にはインディケーターが自動的に波を引くものもあります。

しかしそれでは精度に問題がありますしインディケーター任せにすると結局インディケーターにエントリーポイントを求めるようになってしまい、また聖杯探しになってしまいます。

一見すると面倒で遠回りなものほど近道なのかもしれません。しんたろうのFX勉強会では、面倒で遠回りだけど確実な道を選びます。



それでは今回もマニアック動画ですが、波引きに自信がない方はご覧になってください。

ではまた~







にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
ボタンをクリックすると動画が表示されます



スポンサーサイト
 カテゴリ
 タグ
None

トラックバック (0)

Copyright © FX初心者向け デイトレードブログ しんたろうのFX勉強会 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。